滋賀県道34号線 洗い越し

洗い越し前景旅行日誌

滋賀県道34号線

滋賀県道34号線多賀永源寺線は、滋賀県多賀町から東近江市に至る県道です。
この道路は、狭隘区間が山間部、住宅部に多数存在しており険道と呼んでいる方もいます。
そんな道路にいまだ存在する路上河川こと洗い越し部分が一か所だけあります。
昔は多数あったようですが、橋梁化されているようです。そんな場所を紹介します。

洗い越し

r299との交点より少し南へ行った、ヘアピンカーブ付近にそれは存在します。
少し前に深夜時間に発見し、今回お昼に訪問する流れとなりました。

洗い越し前景

水の流れはそれなりにあります。こちら晴天の日でも水が流れているようです。
上流部分は砂防堰堤がありました。

洗い越し後景

近づくとかなりの水をたたえてることがわかります。
深さにして5センチもありません。一般の車であればそれほど気にしなくてもいいレベルです。
ただ、土砂降りの雨の時はどうなっているのか。。。すごく気になります。

洗い越し標識

洗い越しを知らせる専用の標識がありました。
ぱっと初めて見たときはただの路面凹凸注意標識と見間違えてしまいました。
よく見ると、路面凹凸注意の段差に水があることを図式したようなものでした。

幅員が狭いため訪問される方はご留意ください。付近は1台分程度車を止めるスペースはあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました