【幻のダム】川浦ダムへ突撃

川浦ダム
旅行日誌

幻のダム

ダムマニアの間では幻のダムと呼ばれている川浦(かおれ)ダム。
中部電力が所有する揚水式発電用ダムで奥美濃発電所の上池を形成しています。

このダムが幻と呼ばれる所以はその到達難易度の高さ。
一般公開されていないダムであること。
到達には登山道や鉄塔巡視路、道なき道を駆使する必要がることが挙げられます。

今回はそんな秘境にあるダムへと訪問しました。

※川浦ダムへの訪問には、地形・登山等の知識・装備に精通している必要がございます。
一般の方が無闇に訪問されることをおすすめしません。
また、本ダムへの行き方等のご質問にはお答えできませんのでご了承ください。

突撃開始

今回は他の方の記録や地形図より登れる尾根を選定しております。そちらから登ります。
道のあるのかもわからない斜面を登っていきます。
地形図とにらめっこしながらルートファンディングを行います。
途中からは鉄塔巡視路があり一気に快適登山道へ。。。楽ちん。。。

荒れた山を歩くこと1時間。やっと管理道路へ出てきました。
ここからは舗装された管理道をひたすらに登っていきます。
川浦ダム_管理道路
ほとんどの法面はしっかりと保護されていますが、一部は斜面崩壊もしているようです。
ところどころで落石防止ネットがしっかりと仕事をしていました。

川浦ダム_第一トンネル
管理用道路にはトンネルがあります。こちらは「一号トンネル」です。
川浦ダムまでに到達するまでに3つトンネルが有り「一号~三号トンネル」まで命名されています。
二、三号トンネルは長く暗いため懐中電灯が合ったほうが良いでしょう。一部壁面より漏水もしています。

川浦鞍部ダム
1時間強歩くとまず眼の前に現れるのが「川浦鞍部ダム」です。
重力式コンクリートダム。川浦ダムの貯水位を保つために建設されています。
地形図を見る限りでも「廻り谷」側へ落ちる部分で尾根が薄く高さがないため作られたのではないかと思われます。

「川浦鞍部ダム」から更に管理道路を歩いていきます。
先程触れた「二号・三号トンネル」を抜けていきます。途中壁面から湧水していて手を洗いました。

ついに到達・・・

気がつくと川浦ダムを示す表示が現れてきました。
非公開とされているダムとは思えないほど立派な「川浦ダム」の文字。
川浦ダム

そしてついに・・・

川浦ダム
目の間に現れました。。。あの幻の「川浦ダム」。
アーチ式で堤高107.5m。下を覗き込むだけでも足元が震える高さです。

川浦ダムは西ヶ洞に作られており、沢の遡行好きの間では有名な場所でもある。
またこの近くには「ドウの天井」と呼ばれる遡行者のみぞ知る秘峰があった場所でもある。

現在も「ドウの天井」は存在しているが、ダム建設に伴い道路ができ、昔の秘峰の面影は残っていない。

ダムを歩いていくと先には道路はない。
正しく言えば道路と遊歩道があったが使用できない状態である。
歩いてみたが、途中にて倒木に阻まれてしまい断念した。
先にはトンネルが二つほどあるようで拝んでみたい気持ちもあるが。。。

お昼ご飯
鞍部ダムまでもどり、机にてお昼ご飯を食べました。山で食べるインスタントラーメンはほんとに美味しい( ˘ω˘)
あとは、登ってきた道をひたすらに戻っていくだけでしょう。

なお、今回は長期連休に訪問しましたが山行開始から終了まで誰一人としてすれ違っておりません。
(なお、お猿さんはいて、木を揺らして威嚇されましたが・・・w)
また、ドコモを使用していますがほぼ「圏外」という結果になりました。
それだけ秘境かつここへの訪問は難しいってことです。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

こまんばバス停
旅行日誌
名古屋から飯田へ。路線バスの旅

旅行計画 今年の夏。長期休みを目前に控えて”どこに旅行に出かけよう”と悩んでいた。 色々と訳があり今 …

洗い越し前景
旅行日誌
滋賀県道34号線 洗い越し

滋賀県道34号線 滋賀県道34号線多賀永源寺線は、滋賀県多賀町から東近江市に至る県道です。 この道路 …

馬ケ城ダム
旅行日誌
【水道週間】馬ケ城ダムへ訪問

馬ケ城ダムとは 馬ケ城ダムは、瀬戸市内へ水道を供給すべく建設されました。 大正末期、瀬戸市内では井戸 …